読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Yona'sBLOG𓇼𓆉💚

オムライスとチョコが大好きな学生ブロガーの雑記ブログ✌️

教師とは狭い価値観しか持ってない。そんな大人に人生任せてはいけない❗️

最近やっと冬らしい冷たい寒さが来ましたね。

でもたまに暑くなったりするのでまだまだ夏服しまえませんね (笑)

 

 

今回は私事ですが不満に思った学校のブラック事情についてダラダラと話していきたいと思います。

 

 

私が不満に思った学校のブラック事情

私は学生bloggerとして日々感じた事などをblogに好きに書いてきました。

私が感じた学校のブラック事情とは、就職進学率100%です。中学生の頃高校の見学など行った際に「この学校は就職進学率100%です」と言われてその高校に魅力を感じてしまった。なんて事はないですか?

 

あれって、わざわざそうしてる訳で本当に100%か。と問えばそうではないんですよね。

私はそれを今日、身に染みて感じました。

 

ある程度人には向き不向きがあり、やりたい事と出来る事が違ったりその人の能力じゃ入れない。など確かに様々な事情があり、一筋縄では求人がうまく回ってこない事や、やりたい仕事に就けない。なんて事ありますよね。

 

私が知っている学校ではそういう人にはやりたい事よりも出来る事をやらせ、能力が足りなければレベルの低い企業を提示し、余裕で内定を頂ける企業に行かせるのです。

 

私が仮に事務系の仕事に就きたいと思ってるとします。その理由としては事務系でエクセルやワードの使い方をより一層覚え少しでもブログやインスタなどに使えたらいいなって思うからです。しかし、教師の方々になんで事務なの?と言われてもそもそもブログというものがあまり普及しておらず尚且つそんなん何の役に立つの?って話になってしまいます。

 

つまり私が仮に事務系に行きたい理由を述べた所で「ブログと仕事は違うからね?」って話になるのです。

 

無理やり就職させても離職率が上がるだけなのにな〜って思いますけどね。大々的に私の学校は就職・進学率100%です。という所はブラックに近いような気がします。教師も学校の方針も。

 

そもそも教師は狭い価値観で、公務員という安定した立場で生徒に勉強を教え問題が起きない日々を目指している。しかし学校とは人が集まる場所。性格だって100人色なワケで問題が起きないなんてのは0に近い話だと思います。

 

学生でブログやっているのも珍しいという目線でみられますからね(笑)

 

教師の狭い価値観に左右されず好きなことをやりましょう。好きな事なら多少の事でへこたれたりしません。

 

以上ヨナの学校のブラック事情でした!

今週も頑張って行きましょう。